JCOM WiMAXの契約で営業さんと相談した結果

現在、J:COMでインターネットの契約をしているのですが、仕事上、外でノートパソコンを使う機会が増えたのでWiMAXの申し込みを検討しました。

当初はJCOM WiMAXで問題ないと思っていたのですが、
調べてみると、同じWiMAXでも、例えばnifty WiMAXやBIGLOBE WiMAXの方がJCOMより料金が安くなります。

その事をJ:COMの営業さんに聞いてみると、
実際のところ、WiMAXにはいくつかのプロバイダがあり、それぞれ料金設定や、入会した時のキャンペーンなどに差があるとの事です。

厳密にいうと、月額や契約手数料などの料金設定にはそこまで差はでないのですが、
入会した時のキャンペーン(入会のタイミングによって変わる)は、申し込み先となるプロバイダで大きな差があるようです。


J:COMもWiMAXのプロバイダの1つという括りのようです。


キャンペーンを他のプロバイダと比較すると

JCOM WiMAXの入会時のキャンペーン

例えば、JCOM WiMAXは入会した時のキャンペーンとして

1、加入した月の月額が無料
2、WiMAXのルーター代金無料

などがありますが、
同じWiMAXでもプロバイダの@niftyから申し込むとこういうキャンペーンになります。

1、加入した月の月額が無料
2、WiMAXのルーター代金1円
3、登録手数料無料(JCOM WiMAXは2,700円)
4、12,001円のキャッシュバックかNexus7が無料プレゼント

キャンペーンは私が調べた時期のものですので今は変わっていると思います。

特に最後のキャッシュバックが大きく
WiMAXの契約期間である1年間を使い切ると1万円近く差が出る事になります。


なぜ価格差が出るのか?安い申し込み先はデメリットがあるのか?

また、営業さんが言うには、JCOM WiMAXを使っても、UQ WiMAXやnifty WiMAX、BIGLOBE WiMAXなどどのWiMAXを使っても同じモバイルルーターで、同じ回線を使うため、スピードや利用できるエリアの広さに差はないようです。


また、契約期間や契約期間内の解約時に発生する手数料もJCOM WiMAXと差がないとの事です。(一部プロバイダは契約期間が延びたり、解約手数料が高くなる)


同じスペックの回線を使うのに料金の差が出る理由は

フレッツ光などの固定回線と同じで、WiMAXにもプロバイダがいくつもあり、それぞれが顧客を獲得するために競争をしていて、入会時のキャンペーン(初期費用無料や、キャッシュバック)が一番わかりやすくお客さんを獲得できるからみたいです。


JCOM WiMAXのメリットとデメリット

話を聞いて私が感じたWiMAXをJ:COMから申し込むメリットとデメリットをまとめると、

メリットとしては、月額3,492円はUQ WiMAXやnifty WiMAXより安い事と、私の場合、JCOMでTV、電話、インターネット全て利用しているのでJ:COM経由でWiMAXを申し込むと請求書が1つで 済むメリットがありました。


ただし、月額は安くても、
キャッシュバックキャンペーンのある申し込み先(プロバイダ)と比べるとトータルの利用料金は高くついてしまいます。


その他に、調べてみると去年からスタートしているWiMAX2が利用できるルーターの扱いがなかったりJCOMのTVやネットなどのサービスを全て解約すると、JCOM WiMAXも自動解約となるといった不便さがあります。

※JCOM WiMAXは、あくまでJ:COMのオプションサービスのため、TVなどの本契約がなくなるとJCOM WiMAXだけ単体で契約を残す事はできないようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ